2018年12月10日月曜日

第19回関東女子学生剣道新人戦大会

皆さんこんにちは!

今回の記事は商学部1年長谷川真希が担当させていただきます。




 先日12月1日(土)、東京武道館において第19回関東女子学生剣道新人戦大会が開催され、本学剣道部からは2年和田・高橋・大坂・丸山、1年浅野・鈴木・二神が出場しました。

昨年は3回戦敗退と悔しい思いをしており、今年は好成績を収めるべく部員全員で今大会に臨みました。




1回戦をシードで勝ち上がり、2回戦の相手は東京農業大学。

先鋒高橋は果敢に仕掛けてメンを先取したものの引きメンを取られ、引き分け。

次鋒大坂、中堅二神も1本を取り切れず引き分けで副将の和田に繋ぎます。

ここで何とか1本が欲しい早大、和田が得意技のメンを決め、リードで大将浅野に回しました。

僅差で勝っている状況の中、守りに入らず取りに行く姿勢を崩さなかった浅野はドウ、メンを決め、早大は3回戦に駒を進めます。



3回戦は東京家政大学と対戦しました。

先ほど引き分けに終わった先鋒高橋が試合序盤にメンを決め、今度はリードで次に回します。

次鋒大坂、中堅二神、副将和田、大将浅野は粘り強い試合運びで相手に1本も取らせません。結果、高橋の1本が4回戦進出を決めました。



      
果敢に攻める大将浅野





ベスト8入りを懸け、迎えた4回戦の相手は強敵、立教大学。

先鋒高橋は早い段階で相手に引きメンを許します。

直後にメンを奪い返しましたが、最後は相手の勢いに押されてメンを取られ負けてしまいます。

次鋒は大坂から鈴木に代わり、鈴木はメンを先取。

流れを変えるポイントになるかと期待されましたが、終盤でメンを決められてしまいます。

続く中堅二神、副将和田も懸命に技を繰り出しますが、相手はなかなか隙を与えてくれません。

大将浅野が最低でも1本勝ちすれば代表戦に持ち込めるという局面でしたが、先に相手にメンを取られてしまいます。

代表戦に持ち込むには2本取らなければならない苦しい状況。残り時間が少ない中、浅野は諦めずに次々と仕掛け、終了間際にメンを決めます。

しかし、あと1本、の願いも空しく試合終了のブザーが鳴り、早大の敗退が決まりました。


 メンを決める先鋒高橋  






 今回の大会は、新体制下で練習メニューが変わってから初めての女子公式戦でしたが、その成果は選手らの前に攻めていく姿勢に現れていたのではないかと思います

。残念ながらベスト8入りは果たせませんでしたが、この悔しさをバネに来年に向けてさらに練習を重ねていきます!




 本大会で、本学剣道部の平成30年度のシーズンが終了しました。

これより2月まで3か月間のオフ期間に入り、1月には寒稽古、3月には遠征が控えています。

今シーズンは悔しい結果が重なり、多くの課題が見つかりました。

各自で自分の課題を見つめ直し、新体制の下部員全員で日本一、早慶戦勝利を目指していきます。

今後とも応援のほどよろしくお願いします!